2016年5月3日火曜日

成果の出るSEOの考え方

現在、多くのウェブサイト運営者様は、SEOとは検索エンジンユーザに対してホームページを最適化することであると理解をされています。

しかし、そうは考えていてもなかなかテクニック要素を忘れることができず、文字数を意識したり、闇雲な被リンクを実施してしまったりして、なかなか期待通りの成果を得ることはできてないのではないでしょうか。

もちろんテクニック要素は重要にはなりますが、そのために本来最も重要であるユーザ目線をできていない企業様も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、ホームページのユーザに対してウェブサイトを最適化させるために必要な考え方をご紹介いたします。

ブログコンテンツでSEOは成功する

SEOで成果を出すためには、闇雲に行うのではなく、ユーザにとって本当に有益なサイトを制作することが重要になります。

検索エンジンは検索エンジンユーザにとって有益なウェブサイトを制作しているホームページを上位表示したいと考えており、それを実現するだけで上位表示は実現されるようになっております。

もちろん、それらは被リンク対策が必要がないと言っているのではなく、良質なコンテンツを作成することができれば、自然と被リンクも集まるため、成果が向上するようになっております。

そのため、現在ブログなどの情報配信コンテンツを作成することが非常に重要になり、それらを作成することでホームページのテーマのキーワードでの上位表示も実現することが可能になります。

そこで今回は、情報配信などを行うブログコンテンツとSEOの関係性についてご紹介をいたします。

過剰な外部リンクを行わないことが重要

ウェブサイトを作成し、その後に多くの方が行う対策はSEO対策になるかと思います。

SEO対策には、内部対策と外部対策の2つの対策があり、どちらか一方だけを行うのではなく、両方をバランス良く行っていくことが重要になります。

内部対策で言えば、コンテンツをしっかりと作り込むことや、ホームページの問題点を改善していくことを続けることで、成果を出すことが可能ですが、外部対策は最初はある程度は自社で行っていかなくては成果を出すことは難しい対策になります。

そのため、多くのウェブサイト運営者は、自社で被リンク対策を実施することになりますが、その際には非常に多くの場合において、正しい被リンク対策を行うことができず、過剰にリンクを行ってしまう傾向にあります。

そこで今回は、過剰な被リンクとしないための考え方や対策法をご紹介いたします。

2016年5月1日日曜日

内部SEOに効果的な原稿作成法

内部SEOとしてコンテンツを充実させている企業様は非常に多くなってきました。

多くの企業様では、自社のビジネスに関する内容で様々な情報を公開することで、SEO効果の最大化を図っておりますが、なかなか期待通りの成果を出せている企業様は少ないのではないでしょうか。

本当に内部SEOとして効果的なものにするためには、闇雲にウェブサイトの更新を行うのではなく、明確な指標をもって運営していかなくてはなりません。

そこで今回は、内部SEOにとって本当に効果的な原稿作成のポイントについてご紹介をいたします。

2016年4月22日金曜日

HPの成果が向上する被リンク対策とは

被リンク対策を実施する際には、とにかく闇雲にリンクを行っていても成果が出ることはなく、被リンクを行う目的を明確にしながら、行うことが重要です。

多くの方が被リンク対策を自社で行う際に、とにかくリンク数を増やすことばかりを考えてしまいがちですが、それでは成果が出ることはありません。

被リンクとは本来、リンク元のウェブサイトからリンク先のウェブサイトへとユーザを誘導するための物であり、その考えない被リンク対策では成果が出ることはありません。

そこで今回は、被リンク対策を行ってもなかなか成果が出ない、あるいは被リンク対策を初めてご検討の方向けに、効果的な被リンク対策についてご紹介をいたします。